« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日

5日酔い

今年も今日で終わりっすね。

今は、伊豆の実家に来ています。

先日、中学時代の仲間で集まって、同窓会的な忘年会があったんですが、卒業以来の17年ぶりくらいの友達もいたりで、懐かしい話に楽しくて飲みすぎ、半分くらい記憶をなくし(笑)、次の日は究極の二日酔いで死んでました。

実家は実家で、親や妹の友達やその子供達が常に15人くらい毎日集まっていて、その流れにあわせて飲んでいたら、ずっと二日酔いが取れずに、もう5日酔いくらいな勢いですわ(笑)。

しかし、なんでこの家は、こんなに人がいるんだ!?

床が重力で抜けるんじゃないかというくらい子供達が2階でドンドンやってるし、座るところなくて立ってる人もいるし、毎年初対面な人が必ずいる(笑)。

隣の家が別荘のようで、年末を伊豆で過ごそうと遠くからご夫婦が来てるみたいなんですが、

「犬を連れてきたので、鳴き声とかでご迷惑をおかけしてしまうかもしれません。どうぞよろしくお願いいたします」と、

深々と頭を下げてのご丁寧な挨拶が来たそうなのだけど、

どう考えても、隣の犬一匹よりも、うちの人間たちのほうが、騒しい(笑)。

音楽で例えると、ずーーと爆音でハードロックを聴いてるみたいな・・・アップテンポの曲を連続で聴いてるみたいな・・・ときどき、一曲でいいからバラード調のものを聴きたくなる感じみたいな・・・いや、むしろ「沈黙」がほしいとさえ思うほど(笑)、朝から晩までずっと笑い声が響いている。

まあ、にぎやかですごい楽しいですけどね。僕も誰か友達を呼ぼうと思ってたんですが、この勢いに混ざるのは、かなりのハイテンションが必要だと思うので、これはなかなか気軽に呼べないな(笑)。

というわけで、今年も一年間、どうもありがとう!!

アルバムも出したし、10周年ライブもやれたし、最高の一年でしたhappy01

来年もよろしくです!

★伊藤多賀之オフィシャルサイト(PC・携帯共通URL)
www.itotakayuki.com

| | コメント (14)

2008年12月24日

クリスマスか。

きたきたきた!
僕の「年間苦手な日ランキング」で
ベスト3に入るクリスマスイブ!(笑)

苦手な理由は・・・

高校3年の時、大学受験の為の冬期講習を受ける為に、
新宿のホテルに宿泊していた時、
24日の夜、近くの高層マンションのレストランフロアに一人でゴハンを食べに行ったとき、
入り口でウエイトレスに、
「お一人様ですかぁ!!?」
と大声でビックリされたあげくに、
何組もの熱いカップルに囲まれて、その人達の視線を浴びながら孤独に食事をした、
あの非常に切ない1994年12月24日の経験が、軽くトラウマとなっているからだ(笑)。

あとは過去の日記にもある、ピザの思い出とか・・・snow


まあ、そんな事もあり〜の、

孤独な男と思われるのが嫌だという変なプライドが邪魔して近所のコンビニにも行きにくい〜の、

僕の好きなドンキホーテ(黄色い安いショッピングセンター)はプレゼントを買う人達で異常に混んでるから行きたくない〜の、

男友達に「飲もうぜ〜」って誘って男二人で飲んでてもそれも切ない〜の、

普通の女友達にも変な勘違いされちゃうのも嫌なので、違う用件でも連絡も取れない〜のcoldsweats01

もし彼女がいたとしても、美味しくて空いてる店を探すのは大変で、最終的に行列に並んで店に入らないといけない〜の、(予約すればいいんだろうけど、イブに予約するのは、プランを完璧に練りまくって気取ってる男wineみたいで恥ずかしくて出来ない・・・笑)

などなど、
いろんな事が原因で、クリスマスイブは家でじっとしてるのが一番好き(笑)。

そういえば、今日、伊豆の実家では、25人でパーティーやってるらしい。
しかし、そんなに入れるんかーーい!!
絶対ギュウギュウ詰めだろうな。
寒い中、まさか屋外の庭でやってるのかな?(笑)
しかし、25人も座る所は絶対ないはずで、リビングにあるテーブルは6人用くらいなはずで、
そうなると、フライドチキン食べるのにも行列ができてるのかな?(笑)
玄関の靴は、どうなってるんだ??

★伊藤多賀之オフィシャルサイト(PC・携帯共通URL)
www.itotakayuki.com

| | コメント (15)

2008年12月11日

校長賞

200809131726000
携帯のデータを整理していたら、
こんな画像が入っていたのでアップしてみます。

これは、実家に飾ってあった、
僕が中学3年の時に書いた写生大会の作品。

僕は学生時代、音楽よりも美術の方が好きだった。
細かい作業が好きで、絵を描き出すと徹夜で延々と部屋にこもって描いてしまう性格だった。

そんなわけでか、中学1年の時に描いた絵が、運良く「校長賞」を獲得した。
しかしながら2年の時には、美術では一番のライバルであった親友のノブくん(同級生しかわからない。笑)に校長賞を奪われ、勝敗は一勝一敗。
そして、3年の時には、どちらが最後に王座を取って卒業するかの最後の戦いとなり、生徒の注目を集めていた(←コレは大げさか?笑)。

まあ、「校長賞」といっても、校長先生の独断で選ばれるものなので、
好みもあるだろうから、一概に「最高の作品」とは言えないと思うのだけど、
それでも写生大会の中では一番名誉ある称号だったのだ。
全校集会で壇上に上がって校長先生から表彰状をもらえるという儀式もあり、目立ちたがり屋な僕にとっては絶対欲しいモノだった(笑)。

・・・結果、この絵を描いた僕が「校長賞」をいただいた。
(僕的にはノブくんの作品の方が確実に上手いと思ったんだけど。運良く・・・)

2年の時には負けた事がすごく悔しくて、一時ノブくんとの間に壁を作ってしまったりした事があり(心が小さかったな。笑)、それなのに、最後に笑顔で僕に「おめでとう」と言ってくれたノブくんこそが、人間として「校長賞」だったのだart

★伊藤多賀之オフィシャルサイト(PC・携帯共通URL)
www.itotakayuki.com

| | コメント (11)

2008年12月 9日

ばっきんぬ。

200812091820000
最初に言っておきますと、今回は車を運転しない人にはよくわからない文章ですので、
読まなくていいです(笑)。
僕の独り言です。

先日、車を運転していて、ある道路を通ったのですが、
僕にとっては初めて通る道で、地図を見ながら走っていたら、右折禁止の所をうっかり右折してしまって(道路標識に全く気づかなかった)、その先で隠れて取り締まりをしていたパトカーに止められ、切符(2点)を切られてしまった。罰金は7000円(首都高の料金10回分であり、うまい棒700本分であり、初詣のお賽銭が5円玉なら1400年分である。笑)。

まあ、罰金はなんとか諦めがつくんですけど、点数減るのが非常に悔しいんですよねcrying
(まあ、そんなに違反を繰り返してる訳ではないんですけど、一回でも点数を失うと、免許更新の時に、2時間くらいの授業を強制的に受けないといけなく、それがさらに授業料もかかって、とにかく、点数一点なくなっただけで、後々、いろいろ面倒なのです。)

運転してる人ならわかっていただけると思いますが、
違反をしてしまうのは、もちろんダメな事だけど、
こういうのは本当に悔しいangry

なぜ右折をしていけないのか、と尋ねると、
「右折した先で事故が起こりやすいから、最近、右折禁止になった。」との事で、
実際、初めてその場所を通った僕も「右折禁止」の標識に気づかなかったし、
その現場で、警察と話をしているたった5分くらいの間にも、
3〜4台が、次々に右折してきた。
その運転手を見ていると、悪意があって右折している様子もなく、
みんな「気づかずに」右折してしまっていて、みんな警察に止められた事にビックリしていた。

僕は、初めて通る人でもわかるように、標識をもっとわかりやすくしてほしい事と、
そんなにみんなが間違って右折してしまう現場なら、
その中央線にポールを立てるとか(ポールサイモンではなく、棒の方)、いろんな工夫があると思うのです。

まあ、あまりこういう事をいうのも、自分の違反を正当化してるみたいで嫌なのですが(笑)、本当にわかりにくい標識で、まさに「盲点」みたいな感じだったんです。

事故が多いから右折禁止にしたなら、
罠にかけたように「うっかり」右折をさせてから取り締まるのではなく、
「右折をさせない」ように事前に何かをするべきじゃないのかっ!gawk

そんな事を抗議していたら、警察も困った感じになってきて、
よくテレビで見る、取り締まりの現場でダダをこねて警察とケンカしてる人みたくなりそうだったので(笑)、ふと冷静になって「お騒がせしました」と大人しく帰ったのですが(笑)、
そんな小さな事で、その道をもう二度と通りたくない、その街に二度と行きたくない気分になってしまうのは、なんか切ないなあ。

しばらくは右折恐怖症になりそうだgawk
ああ、アメリカのアリゾナの地平線の見えるただひたすらまっすぐの直線道路が恋しいわあ(笑)。

★伊藤多賀之オフィシャルサイト(PC・携帯共通URL)
www.itotakayuki.com

| | コメント (17)

2008年12月 5日

歌ってきました。

200812031823001

先日は、小山卓治さんのライブで歌ってきました。

あまりにも違うジャンル過ぎるので、僕の音楽を初めて聴いた小山さんファンの方々が最初戸惑っていたのを感じ、ヤベぇぇ・・・選曲間違えたか!!??と一瞬ビビりましたが(笑)、みんなが徐々に笑顔に変わって行く様子を見て、最終的には相思相愛な感じになり(?笑)すごく楽しくできました。
小山さんの曲の他に、僕の「生活の知恵」「月の裏側」「青のり」を一緒にセッションさせていただいたのですが、特に「青のり」は、絶対そういう曲を歌うイメージがない小山さんがバッチリ早口でハモってくれてるコーラス姿がどうしてもツボで、何度も笑いそうになるのを堪えるのに大変でした(笑)。
伊藤マニアも来てくれてたみたいで、どうもありがとうhappy01
今回は「完全アウェイ」を覚悟してたので(笑)、ステージからマニア達の顔を発見できてすごく嬉しい気持ちになりましたぜっ。

さて、最近の僕はほとんど家にいるのですが、
頑張って曲作ったりしてます。
来年に向けて、また何か楽しい事できるように、いろいろ考えてますので、
しばらくライブは無いですが、
どうか忘れないでください(笑)。

★伊藤多賀之オフィシャルサイト(PC・携帯共通URL)
www.itotakayuki.com

| | コメント (11)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »