« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月26日

算数の問題

120324

「1つの庭があります。
兄が1人で草むしりをすると20分かかり、
弟が1人で草むしりをすると30分かかります。
二人で一緒にやったら何分かかるでしょう?」

という問題がわからないから教えてと、
来月中学に入る姪から電話が来た。

電話で一緒に考えてる途中、
後ろの方から、僕の妹(姪の母)の声がして、

「二人だと途中で遊んじゃうからもっと時間かかるんじゃない?」

と冷めた感じで言っていた言葉がツボに入り、
その後、何度かそれを思い出して笑ってしまう。

確かに、兄弟で遊んじゃうだろうから答えは3時間くらいかもね(笑)。


★7/21(土)「ブリトラ大復活祭2012」shibuya O-EAST
〜チケット一般発売5/26(土)各プレイガイドにて
★伊藤多賀之オフィシャルサイト(PC・携帯共通URL)
www.itotakayuki.com

| | コメント (12)

2012年3月22日

記者会見を終えて。

120322
先日は、
僕ごときの緊急記者会見を見ていただき、
ありがとうございました!

改めて、
2012年夏、
ブリーフ&トランクスを正式に再結成する事になりましたnote

わーー。マジかよーー。マジだぜー。

これは、僕にとっては、新たな挑戦です。


ブリトラ再結成は、長年の夢の1つでもありました。
手術して元気になっちゃったし、細根くんとも意気投合して、
このタイミングしかないと思いました。

でも実は、12日の21時ちょうどに記者会見映像をアップする瞬間、
なんだか時限爆弾のスイッチを押すかのごとく、
「本当にいいのか!?やっちゃうのか!?」と緊張しまくって、
過呼吸になりかけてたんですが(笑)、

想像以上にみんなも喜んでくれたみたいで、ひとまず安心しましたjapanesetea

数年前の「小フーガハゲ短調校内放送小学生土下座事件」以来、
初めてちゃんとした形でヤフーニュースに載ったのも嬉しかったです(笑)。


7/21の先行チケットもとりあえず受付終了しましたが、
(抽選って、なんか偉そうにすいませんw)
これまた想像以上の申込数だそうで、純粋に喜びつつも、期待を裏切らないよう身が引き締まる思いです。


でも、大丈夫。

僕が10年間やってきた経験と、
手術してパワーアップした内臓、
ブリーフ&トランクスの曲や、細根くんのハモリ、
更に新曲も加わって、昔からしたら比べ物にならないほど、
煮込みまくって進化したブリトラになってるはずですup


こうして月日が流れた今、無事に再結成ライブが出来るのも、
過去にお世話になった方々や、
全国の応援してくれた関係者の皆さん、
今の僕を支えてくれてる多くの音楽仲間やスタッフや友達、
そしてなによりもマニアの皆さんのおかげだと感じています。

その感謝の気持ちを忘れずに、これから先、
僕にも予測できない未来ですが、
また全国のみんなに会いに行けたらなあと願っています。

ブリーフ&トランクス公式サイトなども現在建設中ですpc

120322b

これからもよろしくお願いしますsign01


★7/21(土)「ブリトラ大復活祭2012」shibuya O-EAST
〜チケット一般発売5/26(土)各プレイガイドにて
★伊藤多賀之オフィシャルサイト(PC・携帯共通URL)
www.itotakayuki.com

| | コメント (29)

2012年3月12日

【重大発表】緊急記者会見

大変お待たせ致しました。

只今より、
伊藤多賀之緊急記者会見を始めます。


※映像が見れない場合は、
コチラをご覧下さい→http://www.youtube.com/user/itotakayukicom/featured

★伊藤多賀之オフィシャルサイト(PC・携帯共通URL)
www.itotakayuki.com

| | コメント (58)

2012年3月 9日

お知らせです。

私、伊藤多賀之は、
3月12日(月)21時に、
重大な緊急記者会見を開きます。

公式サイト、ブログ、ツイッターなどでも同時公開致します。
宜しくお願い致します。

★伊藤多賀之オフィシャルサイト(PC・携帯共通URL)
www.itotakayuki.com

| | コメント (16)

2012年3月 5日

ダンボールピアノの思い出

120303d_3

卒業シーズンですね。
あんなに小さかった姪も、
遂に小学校卒業ですよ。ガーン。


卒業といえば、卒業制作とか懐かしい。
確か中学の時、卒業制作の委員長みたいなのをやった記憶があります。
あの時、200人くらいで作った壁画、
今も残ってるのかなclub


というわけで、年度の締めとして、
ここ一年で一番苦労した制作物を勝手ながら記録しておきます。

それは曲でも、グッズでもなく、
ずば抜けて大変だったのは、
一部のマニアはご存知と思いますが、
あの、ダンボールで作ったグランドピアノでしたgawk

改めて、
その例のブツは、去年の夏にやったライブ用に、
1回きりのライブの、1曲だけのために、
5日くらい徹夜して1人で準備したものでした。
(↑マジで孤独すぎる。)


①設計図と、組み立ての説明書を作る所から。
120303a_2

②10分の1のスケールで、
画用紙に縮図を書き、ハサミで切って作ってみた図。
120303b_2

③家では組み立てるスペースがないので、
大量のダンボールと黒ガムテープで部品だけを作っておき、
当日、朝一で会場に行き、サイズが間違っていないかどうか不安な中、ぶっつけ本番で組み立ててみました。
(当日、組み立てに2時間以上もかかりました。)

鍵盤部分だけは、本物のキーボードです。

そして舞台と照明と、全てをドッキング。
見事、設計図通りに仕上がったあの時の感動は忘れられません(笑)。

120303c_2

120303f

④そして30代にして初めてピアノを練習し、弾き語りに挑んだ直後の図。

120303e_2

今思えば、
誰に頼まれたわけでもないし、
別にやらなくていいものを、
なぜあんなに頑張ったんだろうと思っちゃいますが(笑)、
おかげで、一生の思い出になりました。


さ、これからも、これを越える何か強烈なモノを、
たくさん記憶に残せるよう頑張りたいと思いますup

★伊藤多賀之オフィシャルサイト(PC・携帯共通URL)
www.itotakayuki.com

| | コメント (13)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »